“アットホームなおもてなしで、楽しみながら健康美肌になれるサロンです。 “アットホームなおもてなしで、楽しみながら健康美肌になれるサロンです。

サロン

ヴィサージュ

住  所
〒860-0808
熊本県熊本市中央区手取本町3-9 FANビル3F
電話番号

0037-600-26889

営業時間
11:00~20:00
定 休 日
祝祭日

ご予約はこちら

ホームページを見る

お客様と120%向き合うサロン。

熊本の中心地に位置する女性限定サロン「ヴィサージュ」。百貨店「鶴屋」にもほど近いアクセス便利な立地ながら、店内に一歩踏み込めば、ここが繁華街であることを忘れてしまうほどの落ち着いた雰囲気。“お客様に心から喜んでいただくこと”をコンセプトにご来店からお帰りまでの間、心から安らいで楽しんでいただけるよう常にお客様と120%向き合う姿勢を貫いているそうです。代表の奥村さん曰く『お客様が緊張されないよう、お迎えの仕方や言葉遣いにも注意しています』、『ハイブランドが運営するサロンとは違う、どなたでも気軽に来ていただける場所にしたいのです』。確かに、本来は癒しの場であるべきエステサロンなのに、なんだか雰囲気がゴージャス過ぎたり、インテリアや接客スタイルが好みと違ったり…という経験を持つ方も多いのでは。ヴィサージュはこの微妙な感覚をちゃんと解ってくれている印象。お客様の快適さを最優先し、心地よく過ごせるように気配りしてくれるのです。『それこそ、近所のスーパーにでも行く感じでご来店ください(笑)』という言葉に、ホッと肩の力が抜けました。

お客様と120%向き合うサロン。

お客様のことは、体調や肌状態まで忘れない。

ボディケアもおこなっているヴィサージュの客層は、20代から70代まで。さまざまなタイプの方が来店されるそうですが、なんと奥村さんは2004年の開業から今日まで、お客様全員を覚えているのだとか!『初カウンセリングの時から直近の施術まで、その方がどんな肌状態だったか全部覚えていますよ』。肌だけでなく、お客様の体調まで気にかけているという奥村さん。このセラピスト魂に応えるかのように、“ヴィサージュ愛”で熱烈にサロンを支持してくださるお客様も多いようで、「大好きだからこそ人に教えたくない」「自分だけの秘密にしたいサロン」と逆の口コミ(?)が発生するほど。でも、奥村さんはどんな方もウェルカム、特に70代や80代以上の方にご来店いただきたいそうです。『私たちは肌をきれいにするだけではなく、まず健康にするという意識で施術しています。シニアの方にもぜひ実感していただきたいのです』。年齢を重ねるに連れ、肌悩みは深く進行していくものですが、だからこそエステによる肌改善の感動とともに施術の心地よさで、心まで健康になって欲しいそうです。

お客様のことは、体調や肌状態まで忘れない。

お客様も、ヴィサージュの一員。

ヴィサージュのこだわりは、スタッフが自ら効果を実感し、自信を持ってお客様にお薦めできるスキンケアしか採用しないこと。エンビロンはその代表格で、元々かなりの乾燥肌だった奥村さんが心から信頼している商品。『実は11年前、エステの商品で初めて効果を実感したのがエンビロンだったんです』。サロンの視点からは、お客様に寄り添うような商品の立ち位置がとても気に入っているそうです。『エンビロンには押し売り感がなく、気さくでやさしいイメージがあります。だから肩肘張らずにお使いいただけます』。
またヴィサージュでは、エンビロンを使ってより効果を引き出す「裏技」も開発しているそう。『スタッフ考案の技もあれば、お客様からヒントを頂いたものもあります。私たちにとってはお客様もヴィサージュの一員。一緒に健康美肌を探求しています!』。スタッフとお客様が意見や感想を交し、学び合いながら、よりよい美肌づくりを編み出していく。ここにはスキンケアの楽しさがあふれています。

お客様も、ヴィサージュの一員。

売らない販売?すべては、結果を出すため。

サロンでのトリートメントにホームケアを組み合わせるのがエンビロンの王道スキンケアではありますが、ヴィサージュの基本は「売らない姿勢」だそう。『お客様が納得できないうちは、むしろ手ぶらで帰っていただきたい』と奥村さん。というのも、エンビロンを誤解していたり使い方を間違っていたりするお客様も多く、まずそこをなんとかしたいから。ホームケア製品の購入のみのお客様にもじっくりヒアリングを行い、納得されるまでお話するそうです。『エンビロンはきちんと使うことで、しっかり効果が出ます』『買っていただくからには結果を出します』というサロンの誠意が、「売らない姿勢」に現れているのです。
2016年4月に発生した熊本地震では、ヴィサージュも休業を余儀なくされました。そんな中、奥村さんは『エステティシャンの自分にしかできないこともあるはず!』と避難所でボランティア活動をしていたそうです。奥村さんのマッサージに肌も心もほぐれ、それまで口に出せなかった「怖かった」という本音を語る被災者の方もいて、改めて緊急時こそ心身のリラックスがどんなに大切かを痛感したそう。
最近、ヴィサージュでは脱毛メニューも開始しアットホームな雰囲気はそのままに、よりお客様に愛される場所としてさらに進化しています。教えたくないけど、教えたい、熊本の名店です。

取材日:2016年7月7日 / 取材:奥山沙織 / 記事:深尾彰子・奥山沙織

大きな地図で見る

トップへ戻る

このページの先頭へ