高い技術と、やさしい気配り。誰もが笑顔になれる、アットホームなクリニックです。 高い技術と、やさしい気配り。誰もが笑顔になれる、アットホームなクリニックです。

医療機関

えいご皮フ科

住  所
〒630-8122
奈良県奈良市三条本町1-2 JR奈良駅NKビル3F
電話番号

0037-600-26094

営業時間
月曜・火曜・水曜・金曜:9:30〜19:30
土曜:9:30〜17:00
定 休 日
木曜、日曜、祝日

ご予約はこちら

ホームページを見る

肌の美しさは、心身の健康にもつながる。

JR奈良駅直結というアクセス抜群の立地にある「えいご皮フ科」は、一般皮膚科に美容皮膚科の専門施設“シェーネハウト”が併設され、質の高いスキンケアをトータルに提供しています。“シェーネハウト”とはドイツ語で「美しい肌」のこと。『肌の美しさは、心身の健康にも繋がります』と山田院長は語ります。『肌にコンプレックスがあると、精神的に内にこもってしまいがちです。人に会いたくないからと外出の機会も減り、結局は体にもよくないのです』。現代人にとって肌の良し悪しは、もはや見た目だけの問題ではないという考え方に加え、スキンケア相談に訪れる患者さんの増加もあって、より積極的な提案をするために一般皮膚科に美容皮膚科を開設したそうです。治療と美容の両輪で、今では老若男女問わず多くの方が訪れる人気クリニックとなりました。

ホスピタリティ溢れるエステサロン。

今の肌も将来の肌も、エンビロンを。

クリニックで行う施術もホームケア商品も、山田院長が選び、スタッフが使って効果を実感したものだけを採用しているそう。その中でもエンビロンは、『効果が確かなのはもちろん!何よりも肌が健康になることが一番のポイントですね』と大絶賛。『皮膚科医としてビタミンAが肌にとって重要であることは知っていましたが、ビタミンAを効果的な濃度で配合している製品はなかなかありませんでした。そんな中で出会ったのがエンビロンでした』と、山田院長は語ります。ビタミンAはもともと肌にも存在している安全な成分。医師として本当に信頼できるものだけを提供したいという思いとともに、理想的なビタミンAケアとして導入したそう。
エンビロンはほとんどの方がすぐに効果を実感されますが、時には実感が遅い方もいらっしゃるそうです。『しかし遅かれ早かれ、必ず結果が出るのがエンビロンです。一時的な美しさではなく、10年、20年先の肌の健康のために役立ってくれますから、ぜひ続けてください』と、メッセージをいただきました。

予防医学の観点から、美と健康を追求。

「洗顔」だけで肌状態が変わる!

えいご皮フ科では、スキンケア目的で来院した方に対し、必ず初診時に洗顔指導を行うそうです。洗顔だけなのに、所要時間はなんと約1時間。『ほとんどの方が何かしら間違った洗顔の仕方をしているので、洗顔方法を変えるだけで肌状態が改善されることも多いのです。だから時間をかけて丁寧にご指導します』とのこと。ちなみにこの洗顔指導は無料で『実はタダ働きなんです(笑)』と山田院長。指導後は2週間ほど様子を見て、洗顔だけで改善しなかった場合には、改めて治療やホームケア製品の使用を提案するそうです。皮膚科でここまでじっくりと洗顔指導を行うところはなかなかありません。「患者さんの肌をきれいにしたい」という山田院長の強い思いが伺えます。

予防医学の観点から、美と健康を追求。

笑顔で通っていただくために。

もうひとつ、山田院長が大切にしているのはアットホームな雰囲気づくり。患者さんの心地よさだけでなく、スタッフにも気持ちよく働ける環境をとの考えから、さまざまな工夫をしているそうです。そのひとつが、朝のミーティングでスタッフに「前日よかったこと」を発表してもらうというもの。『どんな些細な出来事でも“よかった”を見つけることで、次の1日をポジティブな気分で過ごして欲しいんです』と山田院長。これ、自分でやってみると分かりますが、確かに自然に笑顔になってしまいます。院長自身も、診察やカウンセリングの最後に必ず「何か気になることはありませんか?」と尋ね、患者さんに安心感を持っていただくよう心がけているそうです。他にも、漫画でスキンケア知識を紹介したり、セミナーや体験会を開いたり。患者さんの不安をなくし、いつも笑顔で通えるように、細やかな心遣いがいっぱい。院長と話していると、取材中なのになぜかホッとしてしまいました。えいご皮フ科は、そんな癒し系クリニックなのです。

取材日:2015年12月4日 取材・記事:奥山沙織

大きな地図で見る

トップへ戻る

このページの先頭へ