オーダーメイド感覚の治療で、目標と結果が直結するクリニックです オーダーメイド感覚の治療で、目標と結果が直結するクリニックです

医療機関

医療法人英仁会 荒木医院

住  所
〒720-0044
広島県福山市笠岡町1-1
電話番号

0037-600-26706

営業時間

【月火水金】
9:00~13:00/15:00~18:30
【土】
9:00~13:00/14:00~18:00

定 休 日

木曜日・日曜日・祝日

ホームページを見る

時代のニーズを捉え、多彩な治療を。

新幹線福山駅ホームから間近に望むことが出来る福山城に近い市の中心部に、昭和2年に開業したという荒木医院は、世代を超えて地域医療を支えてきた歴史あるクリニックです。『医療はその時代の患者さんが求めているニーズを捉え、それに応えていくことが大切』と話すのは、三代目の荒木院長。現在のクリニックは2002年に大規模なリニューアルを行い、最新の機材と医療サービスが提供されています。一般皮膚科・アレルギー科に、メディカルエステ部門が併設された院内は、まずその広さにビックリ!7室あるエステ施術室も広々とした完全個室で、都会では当たり前の狭いエステルームとは違い、そのまま入院できそうなほどのゆったり感です。『患者さんのプライバシーの保護と、安心感を重視しているからです』と院長。また、美容治療が初めての患者さんの不安をなくすため、初診時にはきちんと説明することを心がけているそう。治療方針はもちろん、肌老化の原因や正しいホームケア、基本的なスキンケア情報までしっかりと。『初心者向けの軽めの治療からより踏み込んだ上級者向けの治療まで、一通りお話します』。

時代のニーズを捉え、多彩な治療を。

現実を受け入れられるように。
低リスクで結果を出す。

肌の悩みに対し美容施術はひとつではなく、患者にとっては治療効果と同じくらい治療期間や予算も気になるポイントです。だから、最初に選択肢を教えてもらえるのはありがたく、院長も無理に上級者向けの治療を薦めることはないそう。『初心者の方にも上級者向けの治療法までお伝えするのは、患者さんに“もっときれいになれる”という目標を持っていただくためです。その後の治療もスムーズになりますから』。院長は、美容治療には自分の現実を受け入れる必要もあるといいます。『例えばシミを取りたい患者さん。シミには種類があり、多くの患者さんは数種類のシミをお持ちです。そのような方に、“まずは安全な治療を月に1回、半年間続けて少しずつきれいにしましょう”と言うと“えっ、半年も通うの?”と言われることもあります。とはいえ、1回の施術ですべてのシミを取ろうとするとかえって濃くなるリスクもあります。だから当院では複数のレーザー、光などの治療を組み合わせて効果を高め、低リスクで結果を出していきます』。現実も理解した上で、治療に取り組む。考えてみれば当たり前のことですが、美容治療のメリットばかりを前面に出すクリニックが少なくない中で、この視点には誠実さを感じました。

現実を受け入れられるように。低リスクで結果を出す。

エンビロンを組み込み、世界にひとつの治療を。

肌悩みに応じてさまざまなレーザーや光治療がメニュー化され、その豊富さは地域一番ともいえそうですが、複数のメニューを組み合わせてオーダーメイド感覚の治療プランをつくる「コンビネーションメニュー」は、まさに“リスク”と“結果”のバランスをとりつつ、目標まで確実にアプローチできる荒木医院ならではの提案でしょう。『ここにエンビロンのトリートメントやホームケアを組み込めば、さらなる相乗効果が期待できます』『以前はレーザーなどのクリニックでの施術に重点を置いていましたが、施術後のトリートメントやホームケアできちんとしたものを使って頂くと治療効果がさらに良くなること気付きました』と荒木院長。エンビロンは効果だけでなく、ビタミンAのステップアップができて、しかも種類が豊富なので患者さんの目標や予算に合わせられる点も魅力だそうです。多彩な治療とエンビロンの組み合わせによって、まさに世界にひとつ、自分にとってベストな肌改善に取り組めます。

エンビロンを組み込み、世界にひとつの治療を。

「結果最優先」で、100年の実績。

年々、美容皮膚科のニーズが高まり情報があふれる中、正しい知識の不足から望む結果を得られない患者さんが多いという現状を、院長は憂慮しているそうです。『リラクゼーションがメインなのか、結果重視なのか。まず、ご自分の目的に合うのが、どんなクリニックなのかエステなのかを選ぶことが大切です』。その点、荒木医院は結果最優先。医師のもとでしっかり肌を改善したい人にこそ、お薦めしたいクリニックです。『もちろん、美容治療以外のお悩みも相談してください。皮膚科やアレルギー科の保険治療も行っていますから』。最近は男性の来院者も増え、脱毛メニューが人気とか。院長自身もひげ脱毛を行い、Webでビフォア&アフターの画像を公開しているそう。美容は若い女性だけのものではなく、今や男性も高齢者も美しく若々しい肌を望み、高度な美容治療を求めています。2024年には開業から100年を迎えるという荒木医院。「目標に合わせきちんと結果を出す」という実績は、この先もますます積み重ねられていくことでしょう。

取材日:2016年7月14日 / 取材:奥山沙織 / 記事:深尾彰子・奥山沙織

大きな地図で見る

トップへ戻る

このページの先頭へ