美と医学の融合で、“こころ満足”な結果をお届けする個性派クリニックです。   美と医学の融合で、“こころ満足”な結果をお届けする個性派クリニックです。

医療機関

医療法人こころ満足会 形成外科KC

住  所
〒900-0015
沖縄県那覇市久茂地2-2-2
タイムスビル6F
電話番号

0037-600-26806

営業時間

午前:10:00~13:00
午後:14:00~17:30
(電話受付 9:30~17:30)

定 休 日

月曜・祝祭日・木曜午後

ホームページを見る

医師の治療に、心のケアをプラスして。

那覇市のランドマークタワーである沖縄タイムスビル6階、「形成外科KC」はギネス認定の「那覇大綱挽」が窓から観戦できるという素晴らしい立地。生後6ヶ月から90代まで幅広い患者さんが訪れるというこのクリニックは、“美と医学の大いなるバランシィ(調和)”をテーマにしているそうです。医療も美容施術も、長年の経験で培った職人技を持つ美容・形成外科医の新城憲院長と、その奥さまでヨガの専門家でもある新城和子エグゼクティブマネージャーの二人三脚。身体だけでなく心のケアにも着目している理由について、院長は『心のケアをプラスすることで治療効果はアップします。美容も同じで、美しくなることで自分に自信がつき前向きになれる。当院は、いきいきとした生き方のお手伝いをしたいのです』と語ります。患者さんの人生に関わる仕事だからこそ、身体的な美しさとともに心の満足も追求しているのです。

沖縄本島各地から、人が集まる理由。

直感で決めたエンビロン。

開業は2007年ですが、エンビロンの導入はそれ以前から決めていたそう。当時、エンビロンは海外での学会でも話題になっており『求めていたのはこれだ!』と直観。すぐに情報を集め、スタッフの研修を行い、開業の初日にはエンビロンのトリートメントが完璧に行える体制が整っていたそうです。和子マネージャーも出会った瞬間から他のスキンケアとの明らかな違いを感じ、その思いは今も変わらず。『あの頃、まだあまり知られていなかったビタミンAの美容効果に着目し、その働きを科学的に説明していました。そして今も、光老化対策という姿勢にブレがない。流行が早い美容業界に流されることなく、ずっとビタミン補給を重視した考え方を貫いているところが信頼できる』と絶大な信頼を寄せています。科学的な根拠と一貫性があるからこそ、患者さんに自信を持って提供し続けることができるのです。

“slow & beautiful aging”で、肌に負担をかけないスキンケア。

大切なのは、基本をしっかり続けること。

新城院長のお薦めは「エンビロン+レーザー」や「ボトックス+エンビロン」など、美容外科とトリートメントを組み合わせた独自メニュー。『エンビロンを併用することで外科的な施術の効果がアップしますし、見た目の美しさだけでなく皮膚本来の健康を取り戻すことも期待できます』とのこと。同時にホームケアにも力を入れ、肌状態に合わせてパーソナルなお手入れ提案をしてくれます。確かな結果を出す基本は「きちんと毎日お手入れすること」。だからこそ、ホームケアにも是非エンビロンを使って欲しいそうです。深刻な肌トラブルを抱えて転院してきた40代の患者さんが定期的にトリートメントを受けながら、毎日のホームケアをコツコツ継続することで劇的な結果を出されたことも。『エンビロンの効果は確信していましたが、あの時は院長自身が“ここまで結果が出るとは!”と驚くほどでしたね』と和子マネージャー。基本こそが、肌トラブル改善への近道なのです。

お客様に、ご期待以上の満足を。

「カウンセリング以上」の提案力。

モダンなインテリアの院内は、患者さんとスタッフがコミュニケーションしやすい雰囲気。院長もレセプションや待合室にちょくちょく顔を出しては、患者さんに声かけをしてくれます。気さくな一方で、誰にも会わずに診察や治療を受けられるサービスも用意するなど、患者さん一人ひとりの気持ちを考えてくれるキメ細かな心配りがうれしい!そして驚かされたのは、施術前のカウンセリングを「コンサルティング」と呼んでいること。コンサルティングは「専門家からの提案」という意味合いが強く、肌のお悩み相談からさらに一歩踏み込んだ提案をするからこそ、医師としてあえてこの言葉を使っているのだとか。スタッフの方もとても勉強熱心で、技術研修や、最新知識の情報共有など日々スキルアップに努めているそうです。治療やサービスのすべてに感じられる高いプロ意識に、大きな安心感を覚える「形成外科KC」なのでした。

取材日:2015年9月14日 取材・記事:奥山沙織

大きな地図で見る

トップへ戻る

このページの先頭へ