最新の美容機器とやさしい女性ドクターが、“ナチュラルな美”を応援するクリニックです。 最新の美容機器とやさしい女性ドクターが、“ナチュラルな美”を応援するクリニックです。

医療機関

國武整形外科皮膚科クリニック

住  所
〒862-0903
熊本県熊本市東区若葉1-37-15
電話番号

0037-600-26293

営業時間

平日
午前9:00~13:00
午後14:30~18:00

木・土
午前9:00~13:00

定 休 日

日祝
木・土 午後休診

ご予約はこちら

ホームページを見る

やさしい笑顔こそ、女性の美しさ。

2012年、元からあった整形外科に皮膚科・美容皮膚科・リハビリテーション科を加え新たに開院したという、國武整形外科・皮膚科クリニック。10代から80代まで老若男女問わず、毎日多くの患者さんが訪れるそうですが、人気の理由は熊本市電の健軍町駅から徒歩3分、商店街の中という立地の良さだけではなさそうです。近年、美容目的で医療機関を利用する人が増えてきましたが、こちらのクリニックは丁寧なカウンセリングと最新の治療法が好評で口コミが拡大。皮膚科と美容皮膚科を担当する國武裕子副院長も、『実は、美容皮膚科の詳細をアップしたのはごく最近です。特に宣伝してきませんでしたが…』と笑います。『どんな女性も、内面が美しくないときれいにはなれません。ですから当院では、やさしい笑顔になれ、日常が楽しくなるようなスキンケアをご提案します』と、女性医師ならではの視点を向けます。健康でナチュラルな美しさ、その年代に合ったやさしさのある美しさこそ大切、という考え方です。それでも注入や手術をご希望という方には、形成外科や美容外科をご案内させていただきます。

やさしい笑顔こそ、女性の美しさ。

ごまかさない、嘘がない。信頼できる施術を。

こちらのクリニックは近年開院ということもあり、光治療器などズラリと揃った美容機器類はどれも最新型で、ついつい患者の期待も高まってしまいます。中でも、特に活躍しているのは肌解析装置VISIA。シミや毛穴などの他、まだ現れていない未来の肌悩みまで映し出すという、圧倒的な解析力を持つマシンだそうです。『毎回、施術の際に肌状態を撮影します。肌の改善状態を患者さんに見ていただけるのがいいですね』。しかし、VISIAはいい結果ばかり写すとは限りません。まれに肌が前回より黒くなったり、シミが取り切れていなかったりすることもあるそうです。クリニックにとってはデメリットとなる結果も、副院長はごまかさずにきちんと説明するそうです。『直前にアウトドアで紫外線を浴びた方などは、こんな結果もありますね。でも、患者さん側に原因がない時はクリニック負担で再度施術させていただくことがありますよ』と頼もしい言葉。また、知識や技術の向上にも積極的で、医療や美容の専門セミナーにはスタッフと一緒に参加し、院内でも毎週勉強会をおこなっているそう。この誠実さと熱心さに、きっと患者さんも信頼を寄せているのでしょう。家族で通う患者さんが多いというのにも納得がいきました。

ごまかさない、嘘がない。信頼できる施術を。

お肌が『変わる』を実感できるエンビロン。

副院長のエンビロン歴は約6年。それまでは某メーカーの高級スキンケアを使っていたそうです。『特にその商品に不満はなかったのですが、エンビロンを使ってみたらお肌が変わっていくのを実感しました。メイクをしたくない肌になったんです!』と違いを実感。その後、皮膚科・美容皮膚科だけでなく他のスタッフにも噂が伝わり、『いま、この院内には20名以上のエンビロン愛用者が勤務しています』という状況へ。エンビロンはデリケート肌用のラインが充実しているので患者さんにもお薦めしやすく、クリニックの内外でますます人気拡大中のようです。ちなみに、副院長イチオシのエンビロン商品はAブースト。『エンビロンはそれなりに高額ですから、ライン使いが難しい方もいらっしゃいます。でもこの1品はぜひ使っていただきたいですね。効果を実感して、ここから徐々にアイテム数を増やす方も多いです』とのこと。Aブーストのような高濃度タイプの商品も、医師のサポート下でなら不安なく使いこなせます。

お肌が『変わる』を実感できるエンビロン。

ファミリーで通える美容クリニックへ。

実は副院長のお母様方もエンビロンの愛用者で、『勝手にエンビロンの広告塔になってもらっています(笑)』。エンビロンで劇的に変わったお母様の肌を見て、実家のある遠方からクリニックを訪ねてくる人もいるそうです。光治療とエンビロンのトリートメントを組み合わせたコンビネーション治療や、トリートメントしながら点滴で体の中からもビタミンを補給するWビタミン導入治療など、パワフルなオリジナルメニューも充実。『どちらも単体で行うより効果がかなりアップしますよ』とのことで、一度は受けてみたいものです。
先の熊本地震ではクリニックも被災しましたが、患者さんのためにすぐ診療を再開し、復興キャンペーンも実施したそうです。『素早く対応できたのはスタッフのお陰です。避難所から通ってくれるスタッフもいて、震災2日後にはほぼ全員揃っていました』と副院長。院内にはキッズルームもあり、子ども好きなスタッフが取り合いで面倒を見てくれるそうです。『子育て中のお母さんも、今まで美容治療を受けたことのない方も、もちろん男性も。お気軽にお越しくださいね』と温かいメッセージをいただきました。

取材日:2016年7月7日 取材:奥山沙織 記事:深尾彰子・奥山沙織

大きな地図で見る

トップへ戻る

このページの先頭へ