技術、知識、接客、すべてが一級。フェイシャルにこだわるエンビロン専門サロンです。 技術、知識、接客、すべてが一級。フェイシャルにこだわるエンビロン専門サロンです。

サロン

ライブリー

住  所
〒730-0851
広島県広島市中区榎町10-15 FREXビル2F
電話番号

0037-600-26047

営業時間
10:00~19:00
定 休 日
毎週月曜日
第1火曜日
第3日曜日

ご予約はこちら

ホームページを見る

フェイシャルケア専門店で、無理なく、無駄なく、スピーディに。

広島の風物といえば、街を行き交う路面電車“ひろでん”。十日市町、土橋の両駅から歩いて1分、エンビロン専門サロン「ライブリー」を訪ねました。繁華街に出るには勢い(?)が必要だけど、これくらいがちょうどいいな、というロケーション。地元の方ならおわかりいただけるでしょう。ライブリーはスタッフ数4名のプライベートサロン感覚。現在このサロンでおこなっているのは、エンビロンのフェイシャルケアのみで、専門性を極めています。『ボディやネイルなど他のメニューを設けると、お客様に必要なことを伝える際に、迷いが生じてしまうと思うのです。お客様側も、何にどれだけお金をかけるべきか迷ってしまいますよね?』と語るのは、代表の板倉さん。確かに、美容メニューが豊富なサロンも魅力ですが、やっぱり「顔の肌」は一番気になるもの。ライブリーのように、フェイシャルケアにこだわったサロンは頼もしさもひとしおです。『私たちは“結果と癒し”を追求するフェイシャル専門店として、エンビロンのスキンケアで無理なく、無駄なく、スピーディに結果をお届けします!』。そのブレない姿勢に、迷わず「ここだ!」と選べるサロンだと感じました。

フェイシャルケア専門店で、無理なく、無駄なく、スピーディに。

必要?不要?エステの価値って何?

取材中驚いたのが、エステサロンを経営する板倉代表の『美肌づくりのために、エステは必ずしも必要ではない』という発言。なぜなら、『一番大切なのは日々のスキンケアです』『お客様の“エステに通っていれば大丈夫”“ホームケアよりサロンのトリートメントが重要”という意識を改革することが私たちの使命です』とのこと。確かに、日頃はスキンケアを手抜きして“ヨーシ!エステで一発逆転だ!”なんて思っている人は案外多いもの。代表の言葉通り、ライブリーではカウンセリングを重視しており、トリートメントを受けなくても無料で肌のカウンセリングをしてくれます。『大切なのは肌トラブルの原因を知ること。知識を得ることは、意識を変えることに繋がります。そうして毎日のケアの重要性に気づいてもらいたいのです』。では、意識が変わったら、後はホームケアだけでいい?なんて、またまた短絡的になってしまいそうですが、ここでサロントリートメントを受ける意味が一気に深まります。『ホームケアの重要性を知っていただいた上で施術を受けるとこんなにも違う、ということをぜひ実感してください。お金と時間をかけるだけの価値がある。そんなサロンを目指しています』。エステは絶対に必要なわけじゃない。なのに、このサロンに通う人が絶えない理由がわかった気がします。

必要?不要?エステの価値って何?

エンビロンを極めるために、修行を積んだ代表。

10年前、親戚からの紹介でエンビロンを知ったという板倉代表。『当時は若かったこともあり、最初はエンビロンのよさがイマイチ分からず…』と振り返ります。その後プロとしてエステの世界に入りましたが、さまざまな事情から板倉代表は一時業界を離れます。それでも、自分のためにエンビロンを手放さなかったそう。『使えば使うほど効果を実感できたからです。そして続けるうちに、気がついたんですね。今までずっと自分はエステの仕事が好きなのだと思っていたけれど、実はエンビロンが好きだったんです』。もっとエンビロンを知りたくなり、上京し、エンビロンサロンとして著名なエルクレストで修行。そしてライブリーの代表へ。『もう、周りの人からエンビロン信者と呼ばれていますよ(笑)大好きです!』。そんな板倉代表が最も充実感を感じる瞬間が、“結果がよく分からない”“A反応が出る”など、エンビロンに懐疑的だった方が結果を実感してくださったとき。『“あなたがそう言うなら”と私を信じて続けてくださると、なおさらです!』。エンビロンって実際どうなの?と気になる方は、1回お試しコースや1ヵ月集中3回コースなどお手頃メニューも用意されているので、まずはそこから入門するとよいかもしれません。

エンビロンを極めるために、修行を積んだ代表。

予算も、気持ちも、汲み取ってくれる接客。

ライブリーのトリートメントは、ちょっとうれしいボーナス付き。“足のオイルマッサージ”です。フェイシャルのオマケかと思いきや、『タイ古式マッサージをアレンジしています』となかなかの本格派。
向上心の高いスタッフの皆さんは、当然ながら全員がつるつる美肌の持ち主。板倉代表もお子さんが3人いるとは思えないほど若々しい美肌で、こんな肌になりたい!なれるかも?きっとなれる!と思わせる説得力があります。そしてプロのこだわりは、接客方針にも。「売ろう」「お金を使わせよう」と絶対にしない。これは、あくまでもお客様本位のエステを追求する板倉代表の、基本姿勢のよう。費用を含め、こちら側の事情や気持ちを汲み取ってくれるのです。サロンによっては、お店側の強引なトークにひるんだり、スタッフの人たちに逆に気を遣ってしまったりすることがありますが、ここではそんな心配は無用です。
『まず、私たちを心から信頼して欲しいのです。信頼関係ができないと、どんなアドバイスもお客様に届きません。そうなると結果も遠くなります』。この思いこそが、ライブリーが開業2年目にしてエンビロンの全国ベスト9位サロンに輝き、今また「エンビロン特選サロン」の称号を得ることになった理由なのかも。とにかく技術、知識、接客、すべてが一級の心地良さ。「出会えてよかった、また来よう」と思える、文字通りの特選サロンでした。

取材日:2016年9月21日 / 取材:奥山沙織 / 記事:深尾彰子・奥山沙織

大きな地図で見る

トップへ戻る

このページの先頭へ