“こころが通い合うとき、美しい肌への“願い”がきっと叶う。人との絆を大切にするサロンです。 “こころが通い合うとき、美しい肌への“願い”がきっと叶う。人との絆を大切にするサロンです。

サロン

SKIN CARE SALON VOEUX

住  所
〒422-8064
静岡県静岡市駿河区新川1丁目6-2
電話番号

0037-600-26651

営業時間
火曜〜金曜:11:00〜20:00(最終受付18:00)
土曜・日曜・祝日:11:00〜19:00(最終受付17:00)
定 休 日
月曜日

ご予約はこちら

ホームページを見る

お客様の「願い」を叶えるために。

プロに肌を預けるとき、あなたはどちらを選びますか?親身なコミュニケーションで心までケアしてくれるサロンか、肌の改善を最優先するクリニックか。正直迷うところですが、前者を選ぶ女性は、きっと出会いの奇跡を信じる人。そう思わせてくれるサロンが「Skincare Salon VOEUX」。JR静岡駅から徒歩10分、白い大樹のモニュメントが印象的な佇まいのサロンに入店すると、まるで木漏れ日の中にいるような心地よい空間と静岡産の緑茶を使ったウェルカムティーが迎えてくれます。店名の「VOEUX(ボウ)」は、フランス語で“願い”。この言葉に、“美しい”を意味する「BEAU(ボウ)」というニュアンスも加えて名付けたそうです。「もっと美しくなりたい」「素肌に自信を持ち続けたい」、そんな女性たちの“願い”を形にするために、お客様にはまず最初にリラックスを提供してくれるのです。『通い慣れた場所や何度も会っているスタッフでも、心と身体を委ねるというのはやはり緊張するもの。まずはご気分を和らげていただきます』と代表の小沼さん。アロマの香り、心やすらぐ音楽、樹木をテーマにしたインテリアなど、店内は優しさであふれています。

お客様は1日に3人まで、なのにリーズナブル。

アイテムもスタッフも、“本物”の実力を。

雰囲気だけではありません。大切なのはやっぱり“ナカミ”。VOEUXのこだわりは、“本物”のアイテムを厳選して使っていることだそう。長年エステに携わり、業界を見てきた小沼さんは言います。『過去、多くの製品を扱ってきましたが、実のところ“この製品はなぜこういう効果があるのか”といった具体的な説明がないものも沢山ありました。その点、エンビロンは理論と結果がしっかりと紐づき、実証データもあります。だから安心して使えます』。サロンにとっての安心は、お客様の安心に直結しています。そこをおろそかにしては、どんなに雰囲気がよくても見かけ倒しに終わってしまいます。『エンビロンは定期的な研修もあり、製品や施術についてメーカー側がきちんと質問に答えてくれます。製品だけでなく、情報面でも充実しているところも、本物の証だと思うのです』と太鼓判。そしてスタッフも、日々プロとしての知識と技術を磨く“本物”の実力者揃い。外部講師を呼んでの研修や毎週おこなっているサロン内勉強会でスキルアップにも余念がありません。

お客様は1日に3人まで、なのにリーズナブル。

エンビロンサロンとしての自負。

小沼さんとエンビロンの出会いは、以前勤めていたエステティックサロンでのこと。数あるプロ用スキンケアの中で、お客様に使いたかったのはこれだ!と思い、2012年のVOEUX開業時には迷わずサロンケアとホームケアのメニューに導入したそうです。『肌って、根本的にはすぐには変わらないもの。エンビロンに出会って、スキンケアは長い目で見て、しっかり効果を出していくことが大切なのだと気づきました』。しかし、日頃からスキンケアに即効性を求め、結果をいそいでしまいがちな私たち。小沼さんでも、お客様に「長い目で見て」を伝えるのはなかなか難しいそう。『でも、そこが私たちの腕の見せ所でもあります。エンビロンの正しい使い方に加え、私たちだけのオリジナルなご提案も行います。エンビロンのよさをきちんとご提供できていると自負しています』と小沼さん。実際、お客様の満足度は高いようで、開業からわずか1年で、年間で最もエンビロンを普及させたサロンとして表彰されたこともあるそうです。

お客様は1日に3人まで、なのにリーズナブル。

「人」と「人」の絆を大切に。

VOEUXではベーシックなフェイシャルケアの他にも、ブライダルやマタニティ、メンズ向けプランなど豊富なメニューが揃っています。さらに、注目すべきは背中ケアの専門メニュー。そう、背中ってニキビができやすいんですよね!イオンや超音波で背中の肌にビタミン導入してくれるというこのメニュー、他のサロンではなかなかお目にかかれません。しかし、こうしたメニュー以上にVOEUXが支持されている理由は、何よりも「人」を大切にするという姿勢です。
たとえば、皮膚科を何軒回っても納得できなかったという女性。症状が深刻なため、VOEUXでもすぐに結果が出たわけではないのに、「ここまで本気で肌をよくしようとがんばってくれるスタッフに初めて出会った!」と感激し、ドクターショッピングをピタリと止めて通い続けてくださっているとか。常に「自分がお客様の立場だったら」という視点からおこなわれるカウンセリングや施術は、肌の悩みで固くなってしまったココロまで、やさしく開いてくれるのです。最後に、『全てのお客様から“また会いたい”と思っていただけるサロンでありたい。それがVOEUXからお客様への“願い”です』と、メッセージをいただきました。

取材日: 2015年12月3日 取材・記事:奥山沙織

大きな地図で見る

トップへ戻る

このページの先頭へ